본문바로가기
SERIM

世林は自然です

自然が聞かせてくれる健康な価値を愛しています

幸せな未来をお届けするために努力する世林の最も大きな価値は、まさに皆様です

SERIM

世林は自然です

自然が聞かせてくれる健康な価値を愛しています

幸せな未来をお届けするために努力する世林の最も大きな価値は、まさに皆様です

SERIM333

世林は自然です

自然が聞かせてくれる健康な価値を愛しています

幸せな未来をお届けするために努力する世林の最も大きな価値は、まさに皆様です

SERIM333

世林は自然です

自然が聞かせてくれる健康な価値を愛しています

幸せな未来をお届けするために努力する世林の最も大きな価値は、まさに皆様です

SCROLL DOWN 스크롤다운

事業分野

世林玄米

世林物産

世林

SR KOREA

世林玄米

1996年、世林玄米金泉工場と世林玄米世宗工場で設立した(株)世林玄米は、2003年に穀倉地帯である全羅北道・井邑に最新設備を完工し、大韓民国唯一の玄米油抽出・精製設備を所有している玄米油専門企業です。約20年間にわたる絶え間ない研究開発を通じて、韓国産玄米油の生産基盤を定着させ、素材研究やプラント開発により、安全な食べ物を守るために努力しています。

世林物産

1994年に設立した株式会社世林物産は、韓国で初めてビニール袋とプラスチック容器の生産を開始し、40年間のプラスチック製造ノウハウを基に水タンクに関連する100余りの特許、実用新案を保有しています。2011年LG化学の水タンク事業を買収したヨンソン産業から特許及び設計、施工技術を受け継ぎ、韓国内では調達庁へ供給するとともに世界20か国余りに輸出しているSMC/STS水タンク専門企業です。

世林

1996年に設立した株式会社世林は、大林コーポレーション石油化学事業部の忠清・全北地域における一手販売代理店で、合成樹脂の販売を主力とし、食品事業部、建築資材事業部の原材料・副材料の供給を総括し、内陸運送のための運送会社を営んでいるトレーディング専門企業です。株式会社 世林は、たゆまぬ革新と、顧客中心の経営システムを通じて、顧客に喜びと快適さをお届けするために努力します。

SR KOREA

株式会社SR KOREAは、商事部分と技術開発部分の2つの事業群で構成されています。商事部分は食品、農資材、建築資材など大韓民国の優れた製品の海外トレーディングおよび韓国内物流を担当しており、技術開発部分は、技術先導企業となるため、専門性を持つ人材を養成し、食品、建築資材の研究開発と技術支援に力を注いでいます。

食品/素材事業部

この土地の環境とお客様の健康をともに考えるロハス先導企業として先頭に立つために、ロハスの原則に基づいた食生活文化をお客様とともに作ってまいります。

建築資材事業部

絶え間ない技術発展と顧客満足を通じて、最も安定的かつ信頼できる、韓国内貯水タンクの単一売上1位企業

合成樹脂流通事業部

高品質の合成樹脂大林ポリエチレンを流通する国内代理店として、最先端の設備と、世界的な規模

世林
ニュース

通知

전주지방법원, "정읍시는 세림현미에 자가품질검사 부적합식품 회수명령을 취소하라" 판결

- 전주지방법원, "정읍시는 세림현미에 자가품질검사 부적합식품 회수명령을 취소하라" 판결 -전주지방법원은 2019. 07. 25. 정읍시청 정읍시장이 식품제조․가공업체인 주식회사 세림현미(전라북도 정읍 소재)가 제조․판매한 ‘라온현미유’(식품유형 : 현미유) 제품에서 벤조피렌이 기준(2.0 ㎍/㎏ 이하) 초과 검출(2.5 ㎍/㎏) 되어 해당 제품을 판매중단 및 회수 조치에 대하여 주식회사 세림현미가 제기한 자가품질검사 부적합제품 회수명령 취소 사건에 대해서 주문과 같이 판결하였다. ‘1. 피고가 2018. 8. 28. 원고에게 한 자가품질 부적합제품 회수명령을 취소한다.’(전주지방법원 2019.07.25. 선고 2018구합2923 판결)□ 지난 2019년 7월 25일 주식회사 세림현미(대표 고종환, 고태경)는 정읍시청을 상대로 제기한 자가품질검사 부적합식품 회수명령 취소의 행정소송에서 승소했다. 이로 인해 세림현미는 벤조피렌 기준치초과 제품을 판매했다는 불명예를 벗을 수 있게 되었다.□ 세림현미는 2018년 11월 정읍시청을 상대로 자가품질검사 부적합식품 회수명령을 취소해달라는 소송을 제기한 바 있다. 식품의약품 안전처는 주식회사 세림현미가 요구한 분석 오류의 가능성에 따른 재분석의 요청을 법령이 없다는 이유로 거부하고 행정기관인 정읍시청을 통하여 부적합식품 회수명령을 지시하였다.□ 이에 세림현미는 추가로 검사한 모든 제품이 적합의 제품으로 확인되고 자가품질검사시 사용된 제품의 검사결과도 적합제품으로 확인되어 검사의 오류를 주장해왔다.□ 반면, 식약처는 부적합식품은 검사 후 60일 동안 의무적으로 보관하는 법만 있을 뿐 재검사를 할 수 있는 법령이 없다는 이유로 재검사 불가 주장을 고수해 왔다.□ 하지만, 전주지방법원은 자가품질검사에 사용된 제품을 분석한 결과 정상임을 확인하였고, 식약처와 정읍시청의 행정명령을 부당하다는 원고승소 판결을 내렸다. 무엇보다 이번판결은 법령의 미미로 인한 부당한 행정조치로 건실한 기업이 피해를 입어서는 안 된다는 것으로 해석할 수 있다.

2019.07.28